こんにちは。今日はタイトルのテーマについて考えたいと思います。

みなさんもいま女性と出会って必死にゲットしようと頑張っていると思います。

しかしその活動の中でも、

・モテたくて色々とアプローチするけれど、うまくいかない。

・なんとか付き合ったけどなぜかいつも長続きしない。

上記のような悩みを抱えている人も少なくないかと思います。

このような人たちに共通するマインドがあります。

それは考え方が自分本位であるということ。

多くの女性を魅了すること、ひいてはすべての人間関係にとって必要な行動の根源となるマインド、それは「価値提供」を考えているかどうかです。

今日はこのことについて詳しく書いていきたいと思います。

  1. すべての非モテは搾取マインドで生きている
  2. 提供すべき価値とは?
  3. 周りに人が絶えない人がモテるのは性別関係なく価値提供している
  4. まとめ

1.すべての非モテは搾取マインドで生きている

モテないと嘆いている人に共通すること、それは自分の周りに起きている事象について、

すべて「自分」本位で考えているということです。

例えば、

・XXというトークでアプローチすれば即れる

・自分のしたい髪型、着たい服を着てモテないと嘆く

・自分の都合のいいテクニックだけ取り入れてラクにモテたいと思う

・奢ったのにセックスさせてもらえなかったら激怒する

など、

・相手の女性を見ておらず、自分がしたいように振る舞ったうえでさらに「おれはこれだけしてあげたのに」という、すべての行動のベクトルが自分自身にしか向いていない。

これらは相手を自分に都合のいいようにコントロールしようとする、搾取する行動です。

また、「優しくする」という行動も、

「嫌われたくないから」という心理からくるものは無価値どころか

自己防衛感がダサすぎて更に嫌われる行動です。

2.提供すべき価値

それでは、提供すべき価値とは何なのでしょうか。

それは大きく以下の2つに分類できます。

■アクセサリーとしての価値

・顔、身長、見た目がいい

・高学歴、大企業勤務などハイスペック

・周りから人気がある。有名である

・金持ちである

■本質の価値

・オスとして強さ

              自信に満ちた態度、筋肉、声量、大きい態度など

・本気で目の前の女性の人生を好転させたいと思うマインド

・尊敬できる、女性より圧倒的に上の存在である

・女性の感情を揺れ動かせる

経験したことないことを経験させることができる

予想がつかない行動をとってワクワクさせる

トークで楽しませる

泣かせるほど相手の一番の理解者となる

・(モテているのに) 優しい

・(モテているのに) 一途

・(モテているのに) 浮気しない

・(普段は男らしく守るが) 甘えて母性本能をくすぐる

重要なのはアクセサリーとしての価値は、足切りをくらうことはあっても、加点としてはボーナス点くらいにしかならないことです。

ここに食いついてくる女性は、非モテか若くて経験が少ないかのどちらかです。

メンヘラもイケメンが好きですよね。ホストにハマるのも同じ理由。

しかもこれらの価値は不安定です。

この時代、勤務先も、お金もいつまでもあるとは限らない。

顔や見た目に関しては劣化するばかりです。

アクセサリーの価値で女性を落としたとしても、これらを失った瞬間切られます。

そういった事例は巷でよく聞きますよね。

これは女性が悪いのではなく、本質の価値提供を理解できていない男性に問題があるのです。

本当に提供しないといけないのは本質の価値です。これらは具体的に記述してありますが、

全てに共通するのは「相手目線であること」「女性が本質的に求めていること」を体現していることです。

また、(モテているのに) がついている項目も重要です。

非モテの状態での優しさは無価値ということです。

よって、価値提供をするためには、少なくとも最底辺の非モテを脱出しないとスタートに立てません。最初から自分より格上の女性や美女にアプローチするのではなく

自分と同等かそれ以下の女性を攻略し、最低限の自信をみにつけることが先決の行動となります。

3.周りに人が絶えない人がモテるのは性別関係なく価値提供している

これらを生まれつきできるようなひとがいわゆる人気者といわれるひとたちです。

彼らは男女関わらず何かしらの価値を提供しているので、性別問わずモテているのです。

彼らは常に周りを明るくするポジティブなエネルギーと、ときに見返りを求めない精神で友人を助けたりします。

そりゃモテます。

こういった人たちは常にエネルギーを周りに振りまいているので、イケイケな人たちの近くに環境を移すというのは、非モテ解消にとても効果的な方法と言えます。

周りにそのようなイケている人がいる場合は飛び込んでみましょう。

もしくは、そのようなイケている人が多い業界、職種、場所、イベントに積極的に身を置くことも重要です。

4.まとめ

今回はモテの本質は価値提供であるという話をしました。

すべての価値提供を明日から実現するのは難しいです。

しかし、根底の考え方を「目の前の相手に対し価値提供できているか」

に変えるだけで少しずつですが行動が変わってくると思います。

ぜひ意識してみてください。

それではまた次回お会いしましょう。